下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。
 
一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。
 

スズキのクロスビーとホンダのヴェゼルでどちらにしようか迷う。

クロスビーは2017年12月に発売。ヴェゼルは、2018年2月にマイナーチェンジされました。コンパクトカーとして同じ時期に発売された両者で迷うことがあるかと思います。

価格、デザイン、走行性能、燃費性能において、クロスビーとヴェゼルの特徴を徹底比較します。

スポンサードリンク

【スズキ・クロスビー】VS【ホンダ・ヴェゼル】価格で選ぶ

車を選ぶ基準を知る

まず、クロスビーとヴェゼルを比較する前に、車を選ぶときに判断基準にするといい項目を紹介します。

車を選ぶ判断基準になる項目
  • 価格
  • 燃費
  • メンテナンス性(維持費・不具合発生頻度・手間)
  • リセールバリュー(買取査定額)
  • デザイン性(ボディカラー・内装・カスタムパーツ)
  • 走行性能(加速性能・乗り心地・ステアリング)
  • 安全性能
  • サイズ(後部座席の座り心地・車中泊のしやすさ)

車を選ぶときに価格よりも大切にするべきこと

車を買うときに予算をある程度決めている人がほとんどだと思います。でも、コンビニの買い物でも毎回きっちり予算を決めている人はなかなかいないですよね。

金額が少額なのもありますが、必要なものや欲しいと思ったものを選んで購入しています。

基本的には、クルマ選びも、必要な機能、欲しいと思えるかどうかが重要です。普段の買い物で乗ることが多いなら、小回りがきいて荷物の出し入れが簡単な車だと便利です。アウトドアライフを楽しみたいなら走行性能や燃費性能は欠かせません。

どんなに安く車を買うことができても、必要な機能がないと後悔していますよね。自分にとって必要なことは何か。最初から全て決めておく必要はありません。クルマ選びをしながら決めていくことが大切です。

クロスビーとヴェゼルの価格を比較する

車選びにおいて価格が重要であることに変わりはありません。まずは、クロスビーとヴェゼルの価格を確認していきます。

クロスビーのグレード別価格表

グレード 価格
ハイブリッド MX 177〜191万円
ハイブリッド MZ 200〜215万円

※1万円以下は四捨五入しています。

ヴェゼルのグレード別価格表

グレード 価格
G Honda SENSING 208〜229万円
X Honda SENSING 217〜238万円
RS Honda SENSING 248万円
HYBRID Honda SENSING 246〜268万円
HYBRID X Honda SENSING 254〜276万円
HYBRID Z Honda SENSING 271〜293万円
HYBRID RS Honda SENSING 281万円

※RSはFF車のみです。4WD方式はありません。

※1万円以下は四捨五入しています。

クロスビーの売れ筋グレードはMZです。一方、ヴェゼルの売れ筋グレードはHYBRID Zです。

価格帯はクロスビーが177〜215万円に対し、ヴェゼルが208〜281万円です。

スポンサードリンク

【スズキ・クロスビー】VS【ホンダ・ヴェゼル】大きさと性能で選ぶ

車選びで必要なことは人それぞれですよね。そのため、クロスビーとヴェゼルどちらを選ぶ上でも決まった答えはありません。自分が必要とする手段もしくは効果を、より大きく満たしてくれるものが正解です。

ここからは、先ほどご紹介した車選びをする上で判断基準になる項目でクロスビーとヴェゼルを比較していきます。

クロスビー VS ヴェゼル 大きさを比較する

クロスビー ヴェゼル
全長(mm) 3,760 4,340
全幅(mm) 1,670 1,790
全高(mm) 1,705 1,605
室内長(mm) 2,175 1,930
室内幅(mm) 1,355 1,485
室内高(mm) 1,280 1,265
車両重量(kg) 960 1,390

クロスビーよりもヴェゼルが外寸では一回り大きいです。ただ、トールコンパクトのクロスビーが全高では大きくなっています。

また、室内寸法でみると外寸ほど差がありません。とくに、室内長ではクロスビーの方が大きいことは特筆すべきことです。

ヴェゼルをサイズが大きいと思って購入したのに、乗ってみると思ったよりも広くないと感じてしまうことがありそうです。

クロスビー VS ヴェゼル 内装を比較する

クロスビーの内装

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/interior/

ヴェゼルの内装

引用;https://toyota.jp/roomy/interior/?padid=ag341_from_roomy_navi_interior

クロスビーの荷室

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/luggage/

ヴェゼルの荷室

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

クロスビーとヴェゼルの内装空間の特徴をそれぞれ簡単にいうならば、クロスビーは個性的でアクセントカラーがあるデザイン。ヴェゼルは価格帯に見合った上質なデザインです。

同じコンパクトSUVでも、クロスビーとヴェゼルが与える印象は別物です。

クロスビーは選べるカラーバリエーションの豊富さや、インパネ周りのカスタム性の豊富さにアクティビティや楽しさを感じます。仲間とアウトドアライフを賑やかに楽しむ演出にあっています。

ヴェゼルは、ミニバンに劣らない後部座席の快適性を求めて設計されているなど、室内において上質な乗り心地があります。家族や仲間と落ち着いた大人な旅を演出するのにあっています。

クロスビー VS ヴェゼル エクステリアを比較する

クロスビーのエクステリアデザイン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/

ヴェゼルのエクステリアデザイン

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

外装デザインは好みで決める他ありません。

クロスビーは変わったデザインフレーム、カラーバリエーションの豊富さが人気です。カスタムパーツのカラーアクセントも含めればバリエーションは100種類以上にもなります。

着せ替え感覚で自分好みのデザインを選ぶ楽しさがクロスビーにはあります。

また、SUVらしい最低地上高の高さがあるため、見た目をスポーティに決めることもできます。アクティブにドライブを楽しみたいのならクロスビーです。

クロスビー VS ヴェゼル 走行性能で比較する

クロスビーのエンジンスペック
エンジン水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ
総排気量:996cc
最高出力73kW(99PS)/5,500rpm
最大トルク:150N・m(15.3kg・m)/1,700-4,000rpm

ヴェゼルのエンジンスペック
エンジン水冷直列4気筒横置
総排気量:1,496cc
最高出力:97kW(132PS)/6,600rpm
最大トルク:156N・m(15.9kg・m)/4,600rpm

総排気量に大きな違いがあります。しかし、最大トルクにはほとんど差がありません。高速道路の合流や追い越しにおいてはある程度加速性能がないと、不安を感じてしまいます。

走行性能については、人によって必要とするレベルが違います。試乗でしっかりと確認する他なさそうです。

クロスビーとヴェゼルの最大トルクが同じであることから、価格と排気量で決まる自動車税のことを考えると、クロスビーが有利といえそうです。

クロスビー VS ヴェゼル カスタムパーツの種類の多さで比較する

カスタムパーツに関しては、発売されてまだ1年足らずのクロスビーよりも、ヴェゼルの方が圧倒的に豊富にあります。

しかし、車のコンセプトから考えると、これからクロスビーのカスタムパーツは増えてくると考えられます。

純正パーツだけでもクロスビーには豊富なバリエーションがあるので、カスタムをする上で困ることはなさそうです。

クロスビー ヴェゼル
楽天 7,960件 19,685件
Yahoo!ショッピング 167件 1,362件
スポンサードリンク

【スズキ・クロスビー】VS【ホンダ・ヴェゼル】維持費と燃費で選ぶ

次に、クロスビーとヴェゼルの維持費、燃費性能など費用に関する項目を比較します。

クロスビー VS ヴェゼル 燃費性能で比較する

クロスビー 20.6~22.0
ヴェゼル 19.6~26.0

燃費性能では、ヴェゼルに分があります。

SUVはアウトドアだけでなく、普段の街乗りでも使うことが多いです。その際に燃費性能がいいことは重要です。

クロスビー VS ヴェゼル 安全性能で比較する

安全性能に関してはクロスビーが若干上回っています。

クロスビーの安全技術
・サポカーS(ワイド)・・・デュアルセンサーブレーキサポート、後退時ブレーキサポート、誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト

・予防安全性能・・・ASV++

ヴェゼルの安全技術
・サポカーS(ベーシック+)・・・衝突軽減ブレーキ機能、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、先行車発進お知らせ機能

・予防安全性能・・・ASV++

※紹介した安全技術は一例です。詳しくはユーザーマニュアルやディーラーで確認してください。

クロスビーとヴェゼルを比較してみましたが、最初に述べた通り最終的に決めるのはどちらが自分にとって必要なことを満たしてくれるかどうかです。

クロスビーの支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、クロスビーが欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、スズキは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにクロスビーは新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『クロスビーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はMZの4WDを選びたい』
『3トーンルーフ、
最新のカーナビ、
他にもカスタムパーツをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

一括査定で車を買取してもらうまでの流れ

スポンサードリンク



こちらの記事も人気!-Recommend-