下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。
 
一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。
 

スズキのクロスビーのサイズは、ライバル車と比較してどうなのでしょうか?

SUVの走行性能とワゴンの広い空間を融合させることがクロスビーのコンセプトの1つです。CMにあるように仲間とロングドライブに出かけるなら、走行性能だけでなく、室内空間の快適さも重要です。

また、サイズは維持費においても税金が変わってくるので重要です。

スポンサードリンク

クロスビーのサイズ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/

クロスビーのサイズ表

全長(mm) 3,760
全幅(mm) 1,670
全高(mm) 1,705
室内長(mm) 2,175
室内幅(mm) 1,355
室内高(mm) 1,280
車両重量(kg) 960

SUVに入るとはいえ他車と比べるとコンパクトカーとの中間のようなイメージです。
それほど大きいとか背が高いまでの印象はありません。

とはいえハスラーで確立したデザインはこれまでにない個性とインパクトを継承しています。
加えて軽の規格を超えることでハスラーにないボリューミーなボディ感を出しています。

具体的にはフロントフェンダーからリヤフェンダーにかけてハスラーにない膨らみがあります。
リヤもガラスに傾斜があり、そこからリヤハッチにつながる丸みを帯びたデザインは全体に四角いイメージのハスラーにないものです。

軽でもありどこかおもちゃっぽいイメージのハスラーと比べると、より骨太でがっちりとしたSUVイメージが強くなるクロスビー。
どこかミニを感じさせるようなクラシカルなイメージとこれまでの国産車にないデザインはとても魅力的です。

スポンサードリンク

クロスビーのサイズ感は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

サイズ感

実際のサイズ感はどれほどのものでしょうか。
ハスラーと並べると全高は40mm高く、全幅は約200mm広がります。
全長は365mm長くなります。
それに伴って室内も広くなります。
ハスラーでサイズイメージが出来上がっているのもあり大きく感じます。

これまで軽ベースから乗用化した車種とは異なりイメージを踏襲しつつ全く別の車となっている点は大きなポイントです。

消費者目線でいえばハスラーにオーバーフェンダーを付けて1リッターのエンジンを載せただけだったら購入に迷うと思います。

過去の例を挙げさせていただくと三菱のパジェロジュニアとパジェロミニはそれくらいの違いしかありませんでした。

室内寸法

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/interior/

室内が軽のまま狭く感じるのはやはり乗り続けていくうちに不満の種になると思いますし、エンジンが大きくなったことを実感するのは長距離や人をたくさん乗せた時などある一定の条件下になるので普段使いで考えたらハスラーでいいと考えるかもしれません。

それでもやっぱりクロスビーがいいと思わせる違いがあるからこそ購買意欲が湧くわけです。

その点は内装でも表れていてエアコンまわりやダッシュボードのデザインは全く同じではなくそれぞれに違いがあります。

室内空間の広さに加えて大きな収納スペース

荷物がたくさんあるときも快適です。シートアレンジを変えることで、様々なシチュエーションに対応することができます。

キャンプに出かけるときは、後席を倒してアウトドアグッズをしっかり詰め込めるように。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/luggage/

スノーボードに出かけるときは、片方のシートを倒して長いボードを横たわらせるように。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/luggage/

そして仲間と出かけるときは、最大5人まで乗車可能です。ただ、あくまでも可能なだけで、長時間5人で乗るには後部座席の特に真ん中の人の負担が大きくなりそうです。

このあたりは、コンパクトカーとしての限界もあるので仕方ないですね。クロスビーは街乗りや短い時間の5人乗り、また高速で5人乗りでも加速に問題はありません。

頻繁に長時間5人以上でロングドライブをするようなら、もう一回り大きなSUVやミニバンをおすすめします。

スズキのコンパクトカーが素晴らしい

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/

それでいて4WDを含め全グレードを1トン以下におさえる、ここのところのスズキは軽量面ですばらしいです。

最近のコンパクトカーは快適性を求めるあまりどんどん大きく重くなっていました。
付加的な安全装置も要因かと思っていましたがスズキはそんな中でも安全性と軽量の両立を実証しました。
軽ければ車検の重量税や燃費、そして運転のしやすさなどあらゆる分野に影響してきます。

燃費改善や安全性向上のために努力が払われていますが、軽量化はこうした中でも重要な部分を担っていると思います。
それゆえにスズキのこうした分野での開発はもっと評価されるべきものと思います。

スポンサードリンク

クロスビーとライバル車種をサイズ比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/

ルーミーと比較

クロスビー ルーミー
全長(mm) 3,760(+35) 3,725
全幅(mm) 1,670 1,670
全高(mm) 1,705(-30) 1,735
室内長(mm) 2,175(-5) 2,180
室内幅(mm) 1,355(-190) 1,545
室内高(mm) 1,280(-75) 1,355
車両重量(kg) 960(-120) 1,080

意外なことですがほとんど大差ないです。
クロスビーは最低地上高が高いので乗り降りしにくいということもないですし、スライドドアのルーミーとは若干乗り降りの仕方も異なるのでこの全高の差はそこまで気にならないと思います。

ルーミーのスライドドアと車高の高さの組み合わせは確かに実用的ですが心ときめくものはありません。
子供さんがおられれば悩みどころにはなりますが個人的に言わせていただけば車は移動の道具のようなものより家族に寄り添ってきた思い出になるパートナーのようなものであってほしいと思います。

ヴェゼルと比較

そしてコンパクトSUVの代表ヴェゼルとの比較は?

クロスビー ヴェゼル
全長(mm) 3,760(-580) 4,340
全幅(mm) 1,670(-120) 1,790
全高(mm) 1,705(+100) 1,605
室内長(mm) 2,175(+245) 1,930
室内幅(mm) 1,355(-130) 1,485
室内高(mm) 1,280(+15) 1,265
車両重量(kg) 960(-430) 1,390

クロスビーがひと回り小さいイメージです。
しかしこちらも意外なのですが全高がクロスビーのほうが高く実際にはSUV感が強くなります。

ドライバーズポイントもよく、外観だけSUVで運転席に収まると意外と視界が低く感じる(乗用車感を好む人もいるためそう設計されているということもある)車もある中でクロスビーのほうが見切りがよく座席位置がいいです。

他のホンダヴェゼルやトヨタC-HRなどいわゆる街乗りCITYSUVのイメージがあるコンパクトSUVと違ってクロスビーはやはりアウトドアが似合う車です。

それでいて他のSUVより小回りの利く取り回しの良さも老若男女問わず惹き付ける要因となっています。

決して万人受けを狙っているわけではないが人目を惹いてしまう。個性と実用性を兼ね備えた新ジャンルを外国コンパクトに負けずに牽引できるクロスビー。

世界中でこの車がミニのように受け入れられ走り回っていたら面白いですね!

クロスビーの支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、クロスビーが欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、スズキは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにクロスビーは新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『クロスビーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はMZの4WDを選びたい』
『3トーンルーフ、
最新のカーナビ、
他にもカスタムパーツをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

一括査定で車を買取してもらうまでの流れ

スポンサードリンク



こちらの記事も人気!-Recommend-