下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。
 
一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。
 

スズキのクロスビーのオイル交換はきちんとしていますか?

オイル交換を忘れてしまうと重大なエンジントラブルの原因になります。

オイル量やオイル粘度も正しく理解しておかないとオイル交換したのにエンジンの調子がおかしい・・なんてことにもなりかねません。

クロスビーでロングドライブを楽しむためにしっかりとメンテナンスしましょう。

スポンサードリンク

クロスビーのオイル交換は定期的にする

オイル交換って何?
エンジンオイルを交換する作業のことです。

エンジンオイルを交換しないとどうなるの?
エンジンオイルを定期的に交換せずに運転し続けているとエンジンの調子が悪くなってきて最悪の場合車のエンジンがかからなくなります。
また、十分にエンジンを冷却することができなくなってしまうのでエンジンが熱くなりすぎて故障の原因になります。

エンジンオイルの役割って何?
  • 潤滑作用
  • 密封作用
  • 冷却作用
  • 洗浄作用
  • 防錆作用

の5つの役割があります。


もう少し詳しくエンジンオイルの役割を説明します。『知っているよ。』という方は読み飛ばしてください。

エンジンオイルの役割
潤滑作用
エンジン内部では大小様々な部品が1分間に数百~数千回転の高速運動をします。その際に生じる金属同士の磨耗や焼き付きなどを軽減するために、エンジンオイルが潤滑してくれます。
密封作用
「シリンダー」と「ピストン」は完全に密着しているのではなく、わずかな隙間があることによってピストン運動を可能にしています。しかし、この隙間が残ったままでは燃料を燃焼させて発生させたエネルギーが逃げてしまいます。そのため、エンジンオイルはこの隙間に入り込んで気密性を保持する役割をします。
冷却作用
エンジン各部は燃焼や摩擦によってとても高温な状態になっています。エンジンオイルにはこれらの高熱を冷却する役割をします。
洗浄作用
エンジンは燃焼や回転運動によって、たくさんの汚れが発生します。この汚れが溜まるとエンジンの性能や寿命の低下にも影響してきます。
そのため汚れが特定の場所に溜まらないように、エンジンオイルが自ら汚れを吸着し洗浄分散する役割をします。
防錆作用
エンジン内は燃焼の熱によってとても高温な状態になっています。外部との温度差などにより水分が発生しやすく、それが「錆」の発生の原因にもなっています。
この「錆」はエンジン性能を低下するだけでなく、エンジン寿命を短くする原因の一つとされています。そのためエンジンオイルはこれらの錆の発生を予防することも重要な役割をします。

このことからオイル交換することが大事であるこということがわかりますよね。

エンジンオイルの交換時期の目安を知る

エンジンオイル交換の目安
・走行距離1万キロ以上で交換
・12か月ごとに交換

走行距離と期間のどちらか早い方で交換することが一般的です

エンジンオイルの他にオイルエレメントの交換も必要です。
オイルエレメントはエンジンオイル交換の2回に1回は一緒に交換しておくとエンジンオイルが長持ちします。

エンジンオイルには種類がいろいろありますが、
オイルグレード粘度をあわせる必要があります。

エンジンオイルは交換を忘れると、重大なエンジントラブルを引き起こす原因になります。

オイルの交換時期をスマホのカレンダーに登録しておくと忘れることがないので便利です。

スポンサードリンク

クロスビーのオイル量の見方とオイル粘度の意味

クロスビーに限らずスズキには純正のエンジンオイルがあります。


その名はエクスターFです。

純正と聞くと”高い”というイメージがありますが、このエクスターFはスズキのエンジンに合わせて作られているため、値段相応のパフォーマンスが期待できます。

通常、エンジンオイルを交換してもすぐにはその性能を100%発揮することは難しいと言われています。しかし、純正オイルなら交換直後から高い効果を発揮することができます。

新車には全てこの純正オイルであるエクスターFが入れられています。ディーラーで交換する場合も自分でオイルを持ち込まない限りはエクスターFを使用することになります。

オイルグレードについて知る

オイルグレードにはAPI規格とILSAC(GF-5)規格の2種類があります。

API規格ってなに?
米国石油協会(API)とSAE、そしてアメリカ材料試験協会(ASTM)の三者が定める規格です。この規格はガソリンエンジン車はS、ディーゼルエンジン車はCで始まります。

SやCに続くアルファベットによって性能がわかります。ガソリン車規格は1964年SAから始まり現在はSNが一般的に使用されています。

1964〜2000年まではエンジンオイル本来の役割(先述した5つの作用)を重視していましたが、最近は省燃費性能を重視する傾向にあります。


ILSAC(GF-5)規格ってなに?
日米の自動車工業会(ILSAC)が制定しているもので、API規格に省燃費性能を加えたものです。最新のグレードはGF-5です。

趣味に使える時間もお金もない・・
そう悩んでいた私でしたが、
去年と比べて、趣味に使える時間が増えました!
 
1日2〜3時間で趣味に使える時間を増やす方法。

オイル粘度について知る

エンジンオイルには『低温だと固く、高温では柔らかい』という特徴があります。

エンジンオイルの粘り具合によって高温時でも固いものや、低温でも柔らかいものがあります。このエンジンオイルの粘り具合をオイル粘度といいます。オイル粘度にはSAE規格があります。

SAE規格ってどんなもの?
SAE(アメリカ自動車技術者協会)の分類によって「10W-30」「0W-20」などと表されます。数字は温度を表しています。『-』の左側が低温時、右側が高温時の粘度を示します。WはWinterの頭文字からとっています。

エンジンオイルには『低温で硬くなり高温で柔らかくなる』特徴があるとお話ししましたが、SAE規格の左側の数字が小さい程、低温でも柔らかいエンジンオイルです。右側の数字が高いほどエンジンオイルが高温でも固いエンジンオイルです。

一般的には10Wよりも5Wの方が、エンジン始動時における負荷が小さく、燃焼効率が良くなります

一方で、右側の高温時の粘度は通常の運転ではあまり気にする必要がありません。

この数字を気にするのは、ラリーカーやF1マシンのように、高負荷、高速度で運転する車のエンジンオイルを決める時です。

エンジンオイルは柔らかすぎても、硬すぎてもよくありません。車によっても最適な粘度があるためメーカーによってオイル粘度が指定されています。クロスビーに純正のエクスターF以外のエンジンオイルを入れる場合は下記の物を使うようにしましょう。

クロスビーに使うエンジンオイル
オイルグレード(API規格):SN
オイル粘度(SAE規格):5W-30
オイル量(オイル交換のみ):2.7L
オイル量(エレメント交換含む):2.9L

 

クロスビーのオイル交換はどこでするのがお得?

まずはオイル交換を自分でする場合のやり方を見ていきます。

オイル交換のやり方はどんなものがあるの?
上抜きと下抜きがあります。

一般的には、下抜きをする方が多いです。

エンジンオイルの上抜きとは

エンジンの上側からホースを入れて、ポンプで古いエンジンオイルを吸い出します。

メリット
・ジャッキアップが不要
・ドレンボルトのネジを痛めない。
・ドレンボルトの閉め忘れによるオイル漏れがない。
・ドレンボルトのパッキン交換の必要がない。

デメリット
・車種によってはホースが入らないため上抜きができない
・古いオイルを出し切ることができない

手順

  • 暖気運転(5分くらい)をしてエンジンオイルを温める。
  • オイルチェンジャーのノズルをオイルパンの底に差し込む
  • オイルチェンジャーのポンプを押して古いエンジンオイルを吸い込む
  • エンジンを入れて暖機運転をする
  • 1分ほど待ってエンジンオイルゲージを確認し適正量が入っていることを確認する
エンジンオイルの下抜きとは

車体をジャッキアップして車体底部にあるオイルパンのドレンボルトからオイルを抜きます。

メリット
・車種を選ばずどんな車でもオイル抜く事ができる
・摩擦によりオイルに金属片入していた場合、見つけやすいなどのメリットがあります

デメリット
・ジャッキアップが大変
・ドレンボルトを取り外すため、ドレンボルトを締めすぎるとネジが痛む
・ドレンボルトの閉め忘れによるオイル漏れが起きる可能性がある
・ドレンボルトのパッキン交換が必須

手順

  • ボンネットを開けてフィラキャップを開く
  • 車本体をジャッキアップして起こす
  • リジッドラックをはさむ
  • 廃油処理箱を車体底面オイルパン部分のドレンボルトの下におく
  • レンチを使ってオイルパン部分のドレンボルトを外す
  • ドレンボルトについていたワッシャーを新品のワッシャーに交換する
  • レンチを使ってオイルパン部分のドレンボルトを新品のワッシャーと共に締める
  • ジャッキアップを元に戻し、新しいエンジンオイルを入れる
  • フィラキャップを締める
  • エンジンを入れて暖機運転をする
  • 1分ほど待ってエンジンオイルゲージを確認し適正量が入っていることを確認する

ご覧の通りエンジンオイルの下抜きは複雑な作業工程があります。ジャッキアップの操作に不慣れな場合は事故などのリスクもあるため、ジャッキの操作に慣れている人に手伝ってもらう等、事故やトラブルの対策をすることが必要です。

また交換後はエンジンオイルの廃油処理をする必要があります。

エンジンオイルの交換を自分ですると費用を安く抑えることができますが、車をいじるのが好きな人出ない限りおすすめではありません。

安心して確実にエンジンオイルの交換をしたい人はディーラーかカー用品店にお願いしましょう。

購入時にメーカーのメンテナンスパックを付けることができます。

オイル交換意外にも点検や整備も含まれていて費用もそこまで高くないので、とてもオススメです!

クロスビーの整備費用※実際の費用はディーラーで確認してください。

エンジンオイル交換費用:1,620円+油脂代
オイルフィルター交換:540円+部品代
冷却水交換(処理料金含む):5,400円+冷却水代
ブレーキフルード交換:5,400円+油脂代
タイヤローテーション:2,700円

繰り返しになりますが、エンジンオイルの交換は怠ると重大なエンジントラブルを引き起こす原因になったり、燃費性能の低下につながります。

トータルコストを考えると定期的にしっかりと交換することが大切です。

また、新しいエンジンオイルにするだけで、ドライブが楽しくなるメリットもありますよ!

クロスビーのローンの支払いで悩んでいる人におすすめ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

クロスビーの月々のローンの支払いを8,333円安くする方法とは?

クロスビーの支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、クロスビーが欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、スズキは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにクロスビーは新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『クロスビーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はMZの4WDを選びたい』
『3トーンルーフ、
最新のカーナビ、
他にもカスタムパーツをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

一括査定で車を買取してもらうまでの流れ

スポンサードリンク



こちらの記事も人気!-Recommend-