下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。
 
一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。
 

スズキクロスビーの維持費はどれくらいなのか?

クロスビーの支払いでは、多くの場合ローンを使いますよね。最近、ディーラーで残価設定ローンを勧められることが増えています。月々の支払いは安くなりますが、果たして本当にお得なのでしょうか?

ローンの種類も含めて、クロスビーの維持費はどれくらいになるのかシミュレーションします。

スポンサードリンク

クロスビーの支払いに使えるローンの種類

車の購入を現金一括払いということは昔は結構あったそうですが、今ではほとんどないですよね。一括で支払うと利息が付かないのでトータルで安く購入することができますが、普通は、ローンを組んで分割して支払っていきます。

まず、車を持つ方法は主に3種類あります。

  • 信販会社・・・ディーラー独自のローンで購入
  • 金融機関・・・マイカーローンで購入
  • リース会社・・・車を借りる

ディーラーは独自のローンが『お得ですよ!』などと進めてくることがありすが、車を買うのが初めてだったり、基本的な知識がないと本当に正しいのか判断することができないですよね。

ディーラーも商売なので、本当に自分のことを思っておすすめしてくれているのかと疑ってしまいます。

まずは基本的な知識をつけておきましょう。

ディーラーが用意しているローンを使う

車を買うとき普段の生活で使っているクレジットカードは使えない場合が多いです。

クレジットカードが使えない理由

  • 上限枠が100万円以下で設定されているため
  • ディーラーの利益が減るため

クレジットカード会社に車の購入に使うという事情を相談すれば一時的に上限枠を引き上げてくれることがあります。しかし、ディーラーがクレジットカードで支払うことを認めてくれないことがあります。

なぜなら、クレジットカードで支払うと、ディーラーはカード会社に手数料を支払う必要があり、利益が減ってしまうので断ることが多いのです。

しかし、契約と一緒にローンを組んでしまいたい。という要望に応えるために、ディーラーは信販会社と提携して独自のローンを用意しています。

ディーラーが用意するローンで支払うメリットとデメリット

  • 金利が高い。
  • 契約と一緒に手続きができて楽。
  • 返済期間が短い(3〜7年)
  • 車の名義は販売店。(使用者は自分名義)
  • 税金や車検などの維持費の一部が前払いできる

同じメーカーでもディーラーが違うとローンの内容が違ってくるので複数のディーラーで見積もりをとることが大切です。

ディーラーのローンは金融機関のローンより、返済総額が30万円以上高くなることもあります。ただ、ディーラーが定期的に行なっている低金利キャンペーンを使うことができれば、差額を小さくすることができます。

また、ディーラーは独自に用意するローンを使ってもらった方が利益が出るので、その分車両価格を値引きしてくれることがあります

金融機関(メガバンク、地方銀行、JAバンク)から借りる

金融機関のローンで支払うメリットとデメリット

  • 金利が低い
  • 金融機関での手続きが必要
  • 審査から融資まで時間がかかる
  • 返済期間が長い(1〜10年)
  • 車の名義は自分(使用者も自分)

ディーラーが用意するローンと特徴が相反しています。一番のメリットは何と言っても金利の安さです。ディーラーが用意するローンの金利が3〜8%なのに対して、銀行が用意するマイカーローンは2〜5%です。

高々、1〜2%と思うかもしれませんが、元金が大きいため数%の違いでも、5万円近く違ってきます。車を買う時は、普段より金額の桁が大きいため気づきにくくなっていますが、冷静に考えると差は大きいです。

まずは自分がいつもお世話になっている金融機関にマイカーローンを扱っているか確認してみましょう。またマイカーローンを大々的に宣伝しているようなところもあたってみます。

これまで行ったことがない農協や信金でも向こうからしたら何年も利息を払ってくださるお客様です。大きな契約ゆえに堂々と相談見積もりに行きましょう。

リースを利用する

リースで借りるメリットとデメリット

  • 金利が高い
  • 返済期間が短い(5〜7年)
  • 車の名義はリース会社(使用者は自分)
  • 税金や車検などが支払い金額に含まれている

レンタカーを1〜2日ではなく、ずっと5〜7年借り続ける感覚です。契約期間が終われば、リース会社に返す必要があります。

ローンを選ぶ際の注意点
  • 返済総額と利息を確認する
  • 低金利キャンペーンをしていないか
  • ローンに含められる維持費
  • 融資までにかかる時間
  • 口座開設が必要かどうか
  • 書類郵送やネット手続きだけで済ませることができるか
  • 毎月の引き落とし日
  • 付帯するサービス

ディーラーや金融機関で低金利とうたっていると飛びつきそうになってしまいますがそこはグッとこらえて。実質年率には幅があり、利率は審査によって決まります。

それで気をつけたいのは実質年率の上限金利が低いかということです。低金利であっても審査の結果がよくなければ意味がありません。また保証料が別に発生するかも注意しなければなりません。

さらに固定金利か変動金利かによっても利息は変わってくるので支払いイメージをよく考えて決める必要があります。

さまざまな借入方法がありますが、月々の返済額、返済総額、利息総額をシミュレーションして自分に合ったものを選びます。そして、自分はどれくらいの期間車に乗るかなど、経済状況と車の使用頻度を照らし合わせて決めることも大切です。

スポンサードリンク

クロスビーで残価設定ローンはお得なのか?

残価設定ローンって?

通称残クレとも呼ばれるシステムです。これは月々の支払いを抑えることができるローンとしてディーラーですすめられます。

残クレとは、3年や5年でローンを組んだ後に残価(下取り価格のようなもの)をどうするか選択するものです。乗り換えることもできますし、残りの費用を支払って乗り続けることもできます。

車のローンを組むことを考えていて、いろんな新車を乗り換えたいという方にはいいプランだと思います。クロスビーの場合、年数によりますが残価設定ローンの月々の支払いは3〜4万円になります。

残価設定ローンの流れ

  1. 契約期間を決める
  2. 契約終了時の車の価値(=残価)を設定する
  3. 月々の支払い金額を決める
  4. 残価の支払い方法を決める

残価設定ローンの期間は基本的には3〜5年です。そのため、短い期間で車を新しく乗り換えたい人に向いています。

契約期間を決めたら、買取相場の価格から契約期間終了時の車の価値(=残価)を推測してきめます。残価とは下取り価格や買取価格とも言えます。

総額から残価を引いた金額が残価設定ローンの支払い総額になるため、通常のローンより月々の支払いが安くなるのが大きなメリットです

契約終了時に、次の3つから残価の支払い方法を決めます。

  • 新しい車に乗り換える
  • 車を販売店に返却する
  • 車を買い取る

新しい車に乗り換える場合と、車を販売店に返却する場合は残価の支払いは基本的にはありません。つまり、例外が発生すると追加で支払いが必要になります。

その例外というのが、予め設定した残価より低くなった場合です。その理由には、

  • 車の市場価値が下がった
  • 車に傷や故障がある
  • 走行距離が想定以上に多い

といったものがあります。国内メーカーの販売店なら、残価が保証されているので市場価値の上下で追加の支払いは発生しないことがほとんどです。しかし、国外の場合は請求されることがあるので、予め契約時に確認しておきましょう。

しかし、逆に設定した残価よりも高くなっても払い戻しはありません

残価設定ローンのメリットとデメリット

では、もう一度残価設定ローンのメリットとデメリットを確認します。

メリット

  • 月々の支払いが安い
  • 3年で設定した場合、車検費用がかからない
  • 短い期間で新しい車に乗り換えやすい

デメリット

  • 金利が高い
  • 契約終了時に追加支払いが発生しうる
  • カスタマイズができない

残価格設定ローンを使うと損をする?

残価設定ローンは結局のところ、お得なのか?それとも損なのか?

月々の支払いが安いというのが残価設定ローンの大きなメリットですが、支払い総額は多くなります。また、金利も販売店が用意するローンよりは安いことが多いですが、金融機関のマイカーローンに比べると高いです。

3年で設定したら車検費用は不要ですが、自動車税や自動車重量税は支払いが必要です。

また、リースと同じく車の所有者は販売店なので、キズや故障はもちろんですが、カスタムすることもできません。さらに、車を買い取って乗り続けることを選ぶと再び契約を組むときの支払い額は、最初から総額を支払っていた時よりも高くなります

3年間の残価設定ローンのシミュレーション
頭金:50万円
月々の返済額:4万円
残価:80万円

3年経って乗り続ける場合、残価80万円を一括もしくは新しくローンを組み直して支払います。

一括で支払う場合、ローンとは別に月々22,222円を貯金していかなければなりません。

ローンを組み直して支払う場合、金利が上乗せされます。初めから総額でローンを組んでいれば、必要の無い利息を支払うのはなんとも腑に落ちない感じになってしまいます。

結論として、残クレはおすすめできません。

残価を設定するにも、通常の下取り査定も、相場より低く見積もられていることをご存知ですか?つまり、車を下取りに出す時点で大損しているんです

次の新車を買う時に乗っていた車を下取りに出す以外に選ぶことないことが、残クレをおすすめできないもっとも大きな理由です。

 

クロスビーの維持費は年間でどれくらい?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/

クロスビーの維持費は?

では維持費はどれくらいかかるのでしょうか?

まず毎年5月ごろに送られてくる自動車税。クロスビーの排気量は996㏄ですので乗用車では一番安い29,500円となります。

燃料代は年間走行距離を平均の10,000kmで考えると、駆動方式や走行条件によっても変わりますが60,000円

車検費用は二年目まではかかりませんが年に換算して積み立てておくイメージで30,000円

オイル交換は半年に一度は行なうとしてその費用が13000円

任意保険は年齢や条件によりますが30000〜90000円

合計は162,500〜227,500円です。

これに加えて都市によっては駐車場代が必要になったり、地域によってはスタッドレスタイヤなどの費用もかかります。

趣味に使える時間もお金もない・・
そう悩んでいた私でしたが、
去年と比べて、趣味に使える時間が増えました!
 
1日2〜3時間で趣味に使える時間を増やす方法。

クロスビーの維持費は高い?安い?

結局維持費は高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?

排気量が1トン以下、車両重量が1000㎏未満のSUVは実はクロスビーだけです。つまり、排気量と車両重量できまる法定費用、税金の面でみれば最安です。

アクアやプリウスといった燃費のいいハイブリッドと比べると劣りますが、燃費に不満の声は少なく満足しているようです。

またいくらハイブリッド車種の燃費がよくても価格差は50万円以上あります。この価格差を燃費で取り戻すことは、どんなに長く乗ったとしても不可能です。

車を買う時、どうしても初期費用のことばかり考えてしまいますが、維持費も合わせて考えることで総合的に安くすることが大切です。

クロスビーの支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、クロスビーが欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、スズキは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにクロスビーは新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『クロスビーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はMZの4WDを選びたい』
『3トーンルーフ、
最新のカーナビ、
他にもカスタムパーツをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

一括査定で車を買取してもらうまでの流れ

スポンサードリンク



こちらの記事も人気!-Recommend-